今、密かなブーム 人気の“フィリピン人家政婦”

忙しい日々

女性が積極的に社会に進出するようになってから数年が経ちますが、いまだに世間の印象はステレオタイプとなっています。

つまり、家庭のことは女性がやらなくてはならないというイメージが定着しているのですね。

今でこそ、上司に女性がいてもおかしく感じることはなくなりましたが、かつてはほぼほぼ考えにくかったこと。

そうした変化に順応できず、新しい社会を受け入れられない世代が、未来の可能性をつんでしまっているのかもしれません。

そういった考えをもった方のご家庭では、女性が休む間もなく働かされることになってしまうのです。

日々の安住はなく、忙しい日々が永遠のごとく続いていきます。

家事をする時間もない

そもそも、通常の社員ではなく、管理職に属していればプライベートの時間が削られてしまうのは当然のことです。

男性の場合で考えてみると明らかですが、朝早くから夜遅くまで働き、土日も仕事に駆り出されているという管理職の方は珍しくありませんよね。

それは、女性でも同じことなのです。

今までは、疲れた体を引きずってなんとか家事や育児をこなせたかもしれませんが、より責任のある立場になった場合には、肉体的にも精神的にも限界が生じてしまうでしょう。

体を壊してしまっては、仕事も家事もできなくなってしまいます。

そうなっては本末転倒ですよね。

人気のフィリピン人家政婦

各種メディアでも取り上げられていますので、ご存じの方もいるかもしれませんが、今、家政婦が見なおされています。

それは、女性の社会進出が加速していることに加え、日本の労働力不足が背景にあります。

なかでも、フィリピン人家政婦は人気が高く、新たにお願いしようかと検討している人も増えているようですよ。

1.ビジネスパーソンや芸能人

現行、家政婦さんを雇っている人には、忙しいビジネスパーソンや芸能人の方が多いそうです。

たしかに、分刻みでスケジューリングをしている人もいますので、家政婦さんの力が大いに頼りになることでしょう。

2.テレビでの特集

また、テレビなどで特集を組んで、広く世間に知れ渡っていることもあり、どんどん一般化しているということもあります。

かつて、家政婦を雇う人は特別な人という印象がありましたが、徐々にイメージが緩和されてきているのですね。

3.仕事に対する高い意識

もちろん、フィリピン人特有の高い仕事に対する意識も好評です。

仕事から疲れて帰ってきて、惰性で行う家事ではなく、プロによるきめ細かなサービスに魅了されるのは当然のことですよね。お金を払う価値が十分にあるのです。

教育という側面も

お子さんがいるご家庭では、英語や文化の違いを学ぶという「教育」の側面もあります。

フィリピン人の家政婦をいることによって、英語を耳から学ぶことができ、また違う国の話や風習についてしることができる。

それはきっと、成長してから大いに役立つことでしょう。

【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】開催

外国人スタッフ活用セミナー講演内容

「安心」「安全」「納得」いただけるハウスキーパー・家事代行サービス

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

フィリピン人スタッフのハウスキーパー・家事代行

家政婦を依頼したい! 信頼できる派遣会社の条件とは

広がる家政婦の派遣 男性の場合はとくにそうですが、掃除を定期的に行うことができず、不衛生な環境で生活している方も多いのではないでしょうか。 汚くても構わないと思っているのなら、無理強いすること...

フィリピン人スタッフのハウスキーパー・家事代行

ハウスキーパーのいる生活 フィリピン人が支える日本・・・

家事という重労働 かつては「3K」と呼ばれて労働者に嫌がられてきた仕事がありました。 いわく「きつい」「汚い」「危険」がともなう仕事のことですね。 それが現在では、社会が豊かになったこと...

フィリピン人スタッフのハウスキーパー・家事代行

人手不足の強い味方! 外国人を家政婦に雇おう

人材不足への対応 企業にとって、人材不足の現状は待ったなしの最優先課題です。 人材がいなければ事業を行うことはできませんし、会社を大きくすることもできません。 とくに、日本の場合には少子...

アイ・ピー・エスの外国人スタッフに関してのお問合せは、お電話もしくは下記の問合わせフォームよりお送りください。1~2営業日以内にご連絡いたします。

介護スタッフのお問合せはこちらから

ページ上部へ戻る