フィリピン人・外国人雇用に関しての良くある質問

在日フィリピン人の特長は?
・ほとんどの方が、結婚をきっかけに来日しているため、
   永住権・定住権のあるビザを取得しております。そのため就労制限がなく、
   日本に長く住んでいるため日本語や日本の文化・生活に慣れ親しんでおります。
・明るくフレンドリーな性格で、職場を活性化させます。
・就業意欲が高く、働き者です。
・ホスピタリティに溢れ、サービス精神が旺盛です。
就労制限がないとはどういう事ですか?
在留外国人の方々は、ビザの種類によって、労働可能な時間や期間、職種に制限のある場合があります。(例えば留学生や家族滞在ビザなどでは、週28時間までしか働けない、就労ビザでは、そのビザで認められた職種にしか就職できないなど。)在日フィリピン人の方々が持つ永住者などのビザは、こういった一切の制限がありません。一般の日本人と同様に自由に仕事を選び、働くことができます。
外国人の方との雇用は、日本人とは何か違うのですか?
日本で暮らし働く権利を持った方々ですので、労働法規に則って勤務します。税や社会保険なども適用されますし、契約の仕方なども、日本人を雇用する場合と全く同じです。
社員が皆日本語しか話せないので、入社後の教育などが十分できるか不安です。
アイ・ピー・エスの人材紹介では、日本人の社員が日本語で面接を行い、就業先に応じたスタッフの方をご紹介しております。日本語能力なども事前に確認してご紹介しますので、ご安心ください。ほとんどの永住者の方は日本語で日常会話ができます。

外国人を雇用する上で、どんなことに気を配ればいいですか?
日本で生まれ育った私たちが、外国でフランス語で仕事をするところをイメージしてみてください。どんなに日本語が上手な方でも、母国語でない言葉で仕事をすることは思った以上に大変です。なるべく平易な言葉でゆっくり話す、大事なことは復唱させるなどして理解を確認するなど、少しコミュニケーションを工夫していただくだけでも、ミスを防ぎ、安心して能力を発揮して頂けます。
また、会話が上手な方でも、ほとんどの方は読み書きが苦手です。就業規則、ルールブックの英語版を準備するなど、ツールの工夫もお勧めしています。
アイ・ピー・エスでも翻訳代行のご依頼を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
フルタイムで働ける人はいますか?ローテーション勤務や、夜勤に対応できる方もいますか?
はい、おります。フィリピン人の方は多くがクリスチャンですが、ローテーションで日曜日も働いている方も多くいらっしゃいます。生活スタイルやニーズも様々な方が多数登録されていますので、フルタイム、パートタイム、夜勤など、様々なお仕事のご要望にお応えいたします。
フィリピン人の方は英語を話すことができますか?
はい、フィリピンは英語が公用語となっており、ほとんどの方が英語とタガログ語・日本語のトリリンガルです。フィリピン人は訛りがなく美しい英語を話すと定評があり、近年では語学留学先としてフィリピンは大変人気を集めています。
今後、外国人雇用は必要となってきますか。
少子高齢化社会の日本においては、労働力不足の課題は明らかです。そうした中、特に日本で暮らし、日本人と同じように働けるビザを持った在留外国人は、既に多くの企業様で雇用されており、外国人スタッフの取りまとめ役としても活躍しております。
東京オリンピック開催も決まり、外国人観光客の訪日が増え続けている中、多言語対応ができる外国人スタッフの活躍の場はますます広がっていくことでしょう。

国際人材コラム

ジョブフェア 外国人求人に関わる採用、雇用、問題点、マネジメントなどのコラム。介護セミナーのレポートも。
<コラムピックアップ>
» 経験にみる外国人採用の実態
» 進む外国人雇用 社会保険の適用は?
» 人手不足を解消!ホテルの清掃スタッフに外国人を採用した方がよいワケとは?

イベント情報はこちら

ジョブフェア 【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】のご案内です。数社様合同で開催いたします。

出張ジョブフェア 【出張ジョブフェア 求人面接会】のご案内です。単独で開催されたい方はこちらへどうぞ。

IPSのサービスについて

ちょこっとミニ知識

ページ上部へ戻る