フィリピン人・外国人採用のエキスパート『アイ・ピー・エス』

アイ・ピー・エスの特長

アイ・ピー・エスとは

IPSは1991年の創業以来、通信・メディア・放送・通信販売・人材育成などの事業で日本に暮らす外国人、特にフィリピン人にさまざまなサービスを提供してきました。その豊富な実績により在日フィリピン人と日本社会をつなぐ確固たるポジションを確立、フィリピン人の紹介・派遣事業においてリーディングカンパニーとして数々のクライアント様から信頼をいただいております。
また、フィリピンでは、日本在住のフィリピン人向け営業を行うコールセンターの運営やブロードバンドサービスの提供及び医療・美容事業などを展開。さらなるビジネスの拡大と共に、フィリピンのインフラ整備・健康福祉の発展に貢献しています。

東京証券取引所マザーズ市場に上場しております。(証券コード:4390)

東証マザーズロゴプライバシーマークロゴISOロゴ

アイ・ピー・エスの企業ウェブサイトはこちらから
https://ipsism.co.jp/

沿革

1991年10月 海外の人材を日本企業に紹介する事業を行うことを目的として、株式会社アイ・ピー・エスを設立。
1992年2月 国際デジタル通信株式会社(現ソフトバンク株式会社)の代理店となる。
1996年5月 在日フィリピン人を対象としたタガログ新聞「ピノイ・ガゼット」を創刊。
1998年8月 郵政省に旧特別第2種電気通信事業者として登録される。
1999年1月 フィリピンでコールセンターを運営することを目的として
Pilipinas International Marketing Services, Inc. を設立。
2002年12月 第1種電気通信事業者である株式会社テレグローブジャパンの全株式を取得し、
同社の社名を株式会社アドベントに変更
2003年3月 株式会社アドベントと大手電気通信事業者との間でネットワークの相互接続を開始。
2004年10月 総務省に電気通信役務利用放送事業者として登録される。
2005年3月 在日フィリピン人向け有料衛星放送サービス「アクセスTV」を開始。
2005年3月 株式会社アドベントの営業を全部譲り受け、総務省より認定電気通信事業者として登録される。
2005年9月 訪問介護員2級養成講座「Tokyo Caregiver Academy(現在は休講)」を開講し、
国際人材事業を開始する。
2006年1月 厚生労働省より一般派遣事業の許可を取得。
2006年10月 厚生労働省より有料職業紹介事業の許可を取得。
2010年2月 品川美容整形外科との合弁によりShinagawa Lasik & Aesthetics Center Corporationを、フィリピンに設立。
2011年3月 フィリピンの子会社Pilipinas International Marketing Servicesの会社名を
KeySquare, Inc.に変更。
2012年9月 フィリピンと香港・北米を結ぶ国際通信回線の提供を開始。
2012年9月 在日フィリピン人向けインターネット放送コンテンツ配信サービス「VOX TV」を開始。
2013年9月 コールセンター事業者向け着信課金(トールフリー)再販サービス(秒課金サービス)提供開始。
2013年11月 インドのDrishti Soft-Solution Pvt.Ltdと提携して、
同社が開発したコールセンターシステム「AmeyoJ」の発売を開始。
2015年4月 フィリピンで国内電気通信事業を行うことを目的とするフィリピン法人InfiniVAN, Inc.に出資。
2016年6月 フィリピン国会で、InfiniVAN社が通信事業を行うことを認める法律案が可決。
2017年11月 InfiniVAN, Inc.がフィリピンルソン島における通信事業の適格 Certificate of Public Convenience and Necessity(以下「CPCN」)【 Provisional Authority(以下「PA」)】を取得。
2018年6月 東京証券取引所マザーズ市場に上場。
2018年9月 InfiniVAN, Inc.がフィリピンビサヤ・ミンダナオ地域における通信事業の適格 CPCN【PA】を取得。
2019年6月 フィリピン共和国国家通信委員会がInfiniVAN, Inc.に対し、5Gに用いる周波数(24.250GHz-24.450GHz200MHz×1枠)を割当。

フィリピン人・外国人採用に関してお気軽にお問合せください。

メールでのお問合せはこちらから

お電話でのお問合せはこちらから

03-3549-7718
平日 9:00-18:00 ※土・日・祝日は定休日

採用を成功させるアイ・ピー・エス【3つの特長】

アイ・ピー・エスはフィリピンに子会社があるので、現地提携機関や行政機関との連携がスムーズに行えます。このアドバンテージにより、フィリピン現地からの人材招へいやフィリピンでの集団面接会など、積極的な採用活動が可能です。さらに在日フィリピン人ネットワークを活用し、日本国内でも幅広い求人層にアプローチいたします。日本本社とフィリピン子会社の外国人コンサルタントが、応募者を求人から採用までトータルでケアいたします。

特長1:フィリピン現地子会社を所有

アイ・ピー・エスはフィリピンに子会社が3社あり、20年以上に渡りフィリピンでビジネスを行ってまいりました。この地の利を活かし、大学訪問、企業訪問、レフェラル紹介、ヘッドハンティング等のアプローチで候補者を選出いたします。また送出機関や行政機関とも、スムーズな連携が可能です。

特長2:在日フィリピン人ネットワークを保有

長年、在日フィリピン人コミュニティとのビジネスを通して培った、在日フィリピン人ネットワークを活用し、ITエンジニアを含め、様々な職種や幅広い層への求人が可能です。

特長3:フィリピン人コンサルタントが在籍

アイ・ピー・エスのフィリピン人コンサルタントは英語が堪能なので、フィリピン人以外の求職者(在日外国人)へもアプローチ可能です。コミュニケーションがスムーズだから、応募者との意思疎通も円滑。応募者を採用までトータルでケアいたします。

アイ・ピー・エスがフィリピン人人材をおすすめする理由

理由1:ホスピタリティにあふれ、温かく優しい国民性

フィリピン社会は大家族主義で、たとえ貧しい家庭でも互いに助け合って生きていくのが幸せだとされています。年長者が子供の世話をするのも、若者がお年寄りの面倒を見るのも、ごく自然なことです。敬虔なクリスチャンが多く、お互いの心を傷つけるのを嫌い、優しく接することに長けています。とりわけサービス業で、そのホスピタリティと温かさが高く評価されています。

理由2:人口が多いので候補者が豊富

フィリピンは平均年齢が24歳(2019年)と若く、2017年から2050年の人口変化率も144%と予測されています。他のASEAN諸国と比べても、今後も若い労働力の増加が期待されます。

理由3:英語が堪能でスキルが高い

フィリピンはサービス業のセクターだけではなく、近年、金融や医療、IT、クリエイティブ、ゲームなどの拠点としても注目されつつあります。公用語は英語とタガログ語なので、英語も堪能。高いスキルと英語力で多様な業界で評価をいただいています。

フィリピン人・外国人採用に関してお気軽にお問合せください。

メールでのお問合せはこちらから

お電話でのお問合せはこちらから

03-3549-7718
平日 9:00-18:00 ※土・日・祝日は定休日

フィリピンについて

ページ上部へ戻る