ソーシャルワーカーとは|困った人々をサポートする福祉の専門家

近年、知名度を上げてきている職種の1つにソーシャルワーカーがあります。ソーシャルワーカーは社会福祉士とも呼ばれ、福祉の現場に必要不可欠な存在です。

厚生労働省の調べでは2013年の時点で、全国でおよそ16万5000人のソーシャルワーカーが活躍しています。ソーシャルワーカーという国家資格の始まりは1987年。

「社会福祉士及び介護福祉士法」が制定されて以降、その人数は増え続けています。社会への貢献度が高い職種としても注目を集めています。

この記事では、社会福祉士の仕事について紹介します。病院、介護施設、学校など活躍の場は広く、社会福祉の観点から人々に適切な支援を行っています。今後もますます必要とされる職種であることは間違いありません。

ソーシャルワーカーへの理解を深める参考にしてみてください。

 1章 困っている人を支援するソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーとは、福祉を必要とする人に、適切なサポートを行う専門職の総称をさします。

具体的には病気や怪我などから生じる生活上の様々な問題に対して、治療者とは違った立場から、不安や困りごとに対しての支援を行います。

相談は患者だけではなく、家族の方たちの不安や悩みも聞き取ります。主に病院、介護施設、学校などに勤務し、患者から寄せられるさまざまな相談に答える相談援助職のことです。

また、ソーシャルワーカーは行政に限らず医療機関など様々な各関連施設を連携させる役割があります。また、社会福祉士は社会福祉施設等や社会福祉協議会等、医療機関、行政機関、さらには独立型社会福祉士事務所等、働く現場は多種多様です。

どの職場においても、地域に暮らす人々を援助するのが基本業務であり、様々な問題に臨機応変に対処し、各自に適した社会保障にたどり着かせ、自立を促していく、その一連のプロセスにトータルに関わっていくのがソーシャルワーカーの仕事です。

その中でも、病院に勤務するソーシャルワーカーは「医療ソーシャルワーカー」と呼ばれています。医療ソーシャルワーカーは、病院等の保険医療の場において、社会福祉の立場から患者のかかえる経済的・心理的・社会的問題の解決、社会復帰の促進を援助するのが役目。その責務は大きくなってきています。

 2章 具体的に誰をサポートするの?

では、ソーシャルワーカーは主に誰を支援しているのでしょうか?

 低所得者

収入が低く、生活がままならない人の支援を行います。低所得に陥る原因は1つではありません。病気、家庭の問題、就労への不安など、人によって異なります。ソーシャルワーカーは1人1人に寄り添って、問題の根本を見つけ出し、解決、改善に取り組みます。

 高齢者の支援

一人暮らしをしている高齢者は、日常生活の中で不便を感じることが多いもの。また、地域社会の中で孤立し、存在自体が忘れられているというケースも少なくありません。そんな高齢者の生活を支えるのもソーシャルワーカーの仕事です。

その人にとって必要な福祉サービスを提案し、関係する行政や企業と連帯します。

 問題を抱えている子ども

学校でいじめを受けている子どもや、家庭に問題ある子どもの支援を行います。そのような子どもに対しては、悩みを聞くだけでは解決しません。いじめや虐待の中には、命にかかわるような深刻なケースも多々あります。児童養護施設、家庭裁判所、保育所などと連帯して、子どもをサポートします。

また、家庭環境に問題がある場合は、その家庭自体の支援も行います。

 障害を持った人

精神、身体などに障害をもった人に対し、その人が日常生活、社会生活を送る上で必要なサポートを行います。

障害をもった人の中には、受けられる行政サポートなどを知らない人もいます。そのような人には福祉サービスの情報提供や、施設の紹介もします。

 長期入院患者

入院している人、または通院している人は、心理的、経済的に様々な不安を抱えているケースが多くみられます。

例えば、入院している人なら退院後の仕事への復帰や入院費、退院後の治療費など様々な問題を抱えています。

介護施設に入居している人なら、家族とのコミュニケーションや、入居費、体調などに不安がないか聞き取りなどを行います。

それらの個々の悩みに向き合い、家族、担当医、看護師、介護士など、関係するスタッフと密接に連携をとって解決、改善を目指します。

 4章 ソーシャルワーカーになるには

社会福祉士の資格を得るためには、社会福祉士国家試験を受験し、それに合格する必要があります。しかしこの国家試験を受験するにも、次の項目のうち1つを満たしていることが必須となります。

  •  4年制大学等での指定科目の履修
  •  短大等での指定科目の履修。さらに実務経験が1~2年ある
  •  養成施設を経る
  •  指定施設での実務経験が5年以上ある

これらの条件のどれかを満たして、はじめて受験する資格が得られます。

試験科目は、心理学理論、社会制度、介護保険制度、更生福祉制度、福祉サービス、家庭福祉制度、など多岐にわたっています。

ちなみに、ソーシャルワーカーの求人は一般的に「ソーシャルワーカー」という文言が使われないことが多くあります。求人には「○○指導員」「相談員」と書かれていますので、自分が福祉のどの分野で活躍したいのか、明確にしたうえで求人を探しましょう。

【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】開催

外国人スタッフ活用セミナー講演内容

世界で認められた高いホスピタリティ フィリピン人の介護スタッフ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

事業者の視点で考える介護サービス

介護は、成長産業   事業は、成長することによって社会にその利益を還元します。 介護を事業としてとらえると、介護サービスとは、そのサービスの提供によって適切な利益を上げ、利用者...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

介護のトラブル事例 転倒編

訴訟の当事者にならないリスク管理を 介護需要の高まりとともに、介護現場に置ける事故や利用者家族とのトラブルも訴訟というかたちで目にするようになりました。 訴訟には、施設の不正請求などの公的なも...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

訪問診療、訪問看護、介護

訪問診療のニーズ 2035年介護市場の需要は、ピークを迎えると考えられています。 団塊の世代が75歳を迎える年、介護サポートの需要は今よりずっとバリエーションが増え、在宅での支援を希望する人は...

アイ・ピー・エスの外国人スタッフに関してのお問合せは、お電話もしくは下記の問合わせフォームよりお送りください。1~2営業日以内にご連絡いたします。

介護スタッフのお問合せはこちらから

ページ上部へ戻る