社会福祉協議会って何? 地域住民の社会参加を支える活動内容とは

社会福祉協議会という団体名を、どこかで聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、その活動内容はあまり知られていないようです。

実は、私たちの生活にとても密着した活動を展開している団体なのです。人々の日々の社会生活をサポートするだけではなく、人々の社会参加も後押ししていることをご存知ですか?

この記事では、社会福祉協議会の活動内容について紹介しましょう。高齢者の生活サポート、教育、医療、ボランティア活動の啓蒙など、幅広く私たちの生活に関わっていることがわかります。

 1章 社会福祉協議会とは

社会福祉協議会(通称社協)とは、昭和26年に制定された社会福祉事業法(現在の社会福祉法)に基づき設置された民間組織です。民間の社会福祉活動を推進するために非営利で運営されています。

社会福祉協議会の事業の幅は広く、多くの組織が参加しているため複雑に感じられるかもしれません。しかし、目指すものは共通です。

社会福祉協議会の第一の目的は、地域の人々が安心して暮らすことができるようサポートすること。地域に暮らす人々が、助け合って社会に参加していくことを可能にするという目標のもと、問題があれば話し合い、解決方法を見出していく社会を目指しています。

例えば、高齢者や障害を持つ人などがが、いままでの生活を保ちながら、これまでと同様に社会に参加して生活することができるよう、様々な支援をしています。

こういった活動を行うためには、民生委員や社会福祉施設、保険・医療・教育などの関係機関の協力が必要です。社会福祉協議会には地域の様々な機関や人々が関わっています。

しかし、社会福祉は特定の人々のためだけのものではなく、すべの住民や団体に直接または間接的に関係しています。そのため社会福祉をより地域に広め、推進していくことが目標となります。

またボランティアや募金活動への協力など、多くの場面で社会福祉増進のために活動をおこなっており、その規模は全国規模のものから地域の活動まで、多岐にわたります。

 2章 主な活動内容とは

社会福祉協議会は、市区町村社会福祉協議会・都道府県社会福祉協議会・全国社会福祉協議会の3つの協議会に分かれています。

その主な活動内容は下記のとおりです。

 市区町村社会福祉協議会

私たちが住んでいる地域で活動している、もっとも身近な社会福祉協議会です。

高齢者や障害者の支援を行うため、訪問介護や食事の配達など、様々な福祉サービスを行っています。

さらに対象を広げ、地域の子供たちやその親、そして高齢者や障害者など、街に暮らす人々が自由に集まり交流を持つことができる場所を作る「サロン活動」を進めています。

また、ボランティアセンターではボランティアをしたい人へボランティア先の紹介を行い、ボランティア活動に関する相談も受けています。小学生に向けてボランティア体験講座も行っています。

高齢者に対する取り組みも盛んで、老いに対する考え方や健康のセミナーも実施しているんですよ。非常に幅広い活動を行い、地域と密接に結びついています。さらに「サポーター」という位置づけで地域の人々が安心して生活できるように応援してくれる人を募集しています。

地域の学校への福祉教育の支援や、地域の社会福祉活動の拠点になり、人々を繋ぐ役割を果たしているのです。市区町村社会福祉協議会の活動が、福祉や地域社会の人々のつながりをより身近にしているといっても過言ではありません。

 都道府県社会福祉協議会

県域での福祉活動を行うのが都道府県社会福祉協議会です。事業内容の1つに「日常生活自立支援事業(旧 地域福祉権利擁護事業)」といって、様々な理由により個人での判断能力に不安がある人(認知症や知的障害、精神的な障害など)を対象に、日常的な金銭の管理や福祉サービスの利用援助を行っています。

この事業は市区町村社会福祉協議会と協力して実施し、サービスを利用する人が安心して地域で生活ができるようにサポートを行っています。

また福祉サービスに関する相談やクレームなどをヒアリングし、中立の立場から助言を行い、問題解決を目指す「運営適正化委員会」を運営・設置しています。これにより福祉サービスが適正に行われるようにチェックし、利用者をサポートしながら安心してサービスを利用できるよう取り計らっています。

さらに、「福祉サービスの第三者評価事業」を行うことでサービスのクオリティを上げ、利用者のより一層の満足度の向上に努めています。

そのほか経済的に困窮している人に対して、低金利で生活に必要な資金(生活福祉資金)を貸し出す支援も行っています。この資金は彼らの生活費や就業費として用いられます。

さらに福祉を行う立場の人(職員)に対して研修を行い、知識を深め情報を共有するほか、ボランティアセンターと連携してボランティア活動がより活発化するようにという活動もしています。

さらには、福祉が身近になるように小中学校、高校への福祉教育を行うようはたらきかけるほか、福祉関連の仕事の求人や求職情報を提供してより福祉が身近になるように推進活動を行っています。

これらの活動を通し、より良い福祉サービスが提供でき。人々にとって福祉がさらに身近になるように働きかけることも重要な役割のひとつです。

また災害時には都道府県社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを設置し被災地支援を行います。

 全国社会福祉協議会

全国社会福祉協議会(全社協)は都道府県社会福祉協議会の連合会です。福祉サービスを受ける人や社会福祉関係者の連絡や調整、活動支援を行っています。

全国社会福祉協議会は社会福祉にかかわる様々な制度の改善への取り組みを行うほか、社会福祉関連の書籍の刊行をしています。さらに社会福祉に携わる人々の研修や養成を行い、日本の社会福祉を後押ししているほか、アジア各国への支援や国際交流も行っています。

 3章 組織と事業について

社会福祉協議会は事業内容によって複数の部門があり、それぞれ異なった活動をしています。その活動内容・事業は非常に幅広いのですが、大きく分類すると以下の4つの部門に分かれます。

 法人福祉部門

組織全体の管理や事業の管理を行います。全体を管理し支える部門です。

地域福祉活動推進部門

地域に根付いた福祉活動の推進を行います。住民と一緒にボランティア活動を行うほか、福祉が行き届いた街づくりを推進するなど、一般社会に暮らす私たちにとって身近な部門です。

福祉サービス利用支援部門

福祉サービスを利用する人への支援を行います。また「権利擁護」といい自分の権利を示すことが難しい利用者や、判断能力に不安がある利用者に代わって権利を表明する支援も行っています。

在宅福祉サービス部門

介護保険や支援費の制度にかかわるサービスの実施やそのほかの在宅福祉サービスの実施を行います。

4つの部門に分かれていますが、福祉を必要とする地域の人々の生活をサポートし、その地域で安心して暮らすことができるように支えることが目標です。社会福祉協議会ではこうしたビジョンが基本にあるため、地域福祉活動推進部門が基礎になり事業展開が行われています。

社会福祉協議会は、それぞれ独立した非営利組織です。本社・支社という関係性ではないことを忘れてはいけません。また事業内容はそれぞれの自治体の中で必要とされるものが決まるケースが多いため、社会福祉協議会によって事業内容のバランスが異なります。

社協には多くのネットワークがあり、共通のビジョンを目指す他のネットワークと交流や情報交換を頻繁に行っています。そうした活動を通して、全国規模で取り組む活動や事業が誕生しています。

【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】開催

外国人スタッフ活用セミナー講演内容

世界で認められた高いホスピタリティ フィリピン人の介護スタッフ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

労働法をベースに働きやすい環境を

コンプライアンスリスク 介護事業は、管轄する役所の指導管理下におかれています。 そのため、定期的に検査(実地指導)が行われます。 実地指導は、認可をうけてから1年後、その後は、6年に1度...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

臨機応変PDCA

PDCAサイクルとは PDCAサイクルとは、plan do check act cycleのことで、見直しと実行を継続的に行う手法のことをいいます。 一般的な企業では、習慣のレベルで取り入れら...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

団塊の世代がむかえる介護

段階の世代の今とこれから   団塊の世代は、これまで日本の労働市場を支えて来たグループです。 そして、数の多さとともに趣向の多様化をなしとげた世代でもあります。 そんな団...

アイ・ピー・エスの外国人スタッフに関してのお問合せは、お電話もしくは下記の問合わせフォームよりお送りください。1~2営業日以内にご連絡いたします。

介護スタッフのお問合せはこちらから

ページ上部へ戻る