介護職員処遇改善交付金から処遇改善加算へ

介護職員処遇改善交付金及び処遇改善加算とは

現在、介護業界及び介護職員の需要は、人口の高齢化によって増大しています。

しかしながら、介護業界は離職率が高く、人材不足が大きな問題となっています。

この事については、様々な要因がありますが、介護職員の給料が低いというのが大きな要因であると考えられています。

このような状況をふまえ、介護職員の賃金待遇の改善及び雇用の安定化を実現させ、有能な人材を確保するため、「介護職員処遇改善交付金」及びその後継制度である「処遇改善加算」が創設されました。

介護職員処遇改善交付金及び処遇改善加算とは

介護職員処遇改善交付金とは、介護職員等の処遇の改善に取り組んでいる事業者に、職員一人に対して月額1万5千円程度を交付されるものです。

しかし、この交付金は平成23年度もって廃止されてしまいました。

この交付金をスムーズに介護報酬に移す事により、介護職員等の賃金待遇を向上させる事を狙いとする制度が処遇改善加算です。

財源について

介護職員処遇改善交付金は、一般財源で賄われてきました。

それに対して、処遇改善加算は、介護保険財源から捻出されています。

財政安定化基金からも充てる事が可能ではあるのですが、介護保険料が上がる事態も考えられるので、バランスのとれたより良い制度が求められます。

現場への影響

厚生労働省は、2013年度処遇改善加算の届け出をした事業所を対象に調査を行いました。

それによると、常勤の職員の給料が前年同月比で7千円以上増え、非常勤の職員も時給が僅かながら増加の傾向が確認できました。

この結果を受けて、厚生労働省も処遇改善の一定の成果をあげていると判断し、この制度を継続させるかの議論に入っています。

【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】開催

外国人スタッフ活用セミナー講演内容

世界で認められた高いホスピタリティ フィリピン人の介護スタッフ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

企業として健全な介護事業をめざそう

介護施設の不足が叫ばれて久しい昨今ですが、実は、倒産してしまう医療機関や老人福祉事業もかなりの数にのぼります。 たとえば、デイサービスの事業所や居宅介護支援事業所は、コンビニエンスストアを超える...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

知る事は、万全の策となる

介護スタッフの教育とその効果 介護には、専門的な知識技能がひつようになる場面がたくさんあります。 また、3年から6年に一度法改正や報酬の改正も行われます。 さらに、官公庁、行政からのチェ...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

臨機応変PDCA

PDCAサイクルとは PDCAサイクルとは、plan do check act cycleのことで、見直しと実行を継続的に行う手法のことをいいます。 一般的な企業では、習慣のレベルで取り入れら...

アイ・ピー・エスの外国人スタッフに関してのお問合せは、お電話もしくは下記の問合わせフォームよりお送りください。1~2営業日以内にご連絡いたします。

介護スタッフのお問合せはこちらから

ページ上部へ戻る