日本在宅介護協会の活動について

在宅介護のの問題と日本在宅介護協会

現在の在宅介護は多くの問題を抱えています。

まず、介護を実際に行う家族の人数が昔と比べて少なくなり、子供が仕事を退職して介護を行うといった点。

そして、介護を受ける側も、今までの自立した生活が喪失した事により、うつ病となってしまうケースが増えてしまっている点です。

そのような中で、日本在宅介護協会は、介護サービス事業の充実と向上、一般社会に対する普及・啓発活動、介護事業者の発展の促進といった目的で設立されました。

以下では、その活動について説明していきます。

日本在宅介護協会の事業内容

日本在宅介護協会の事業としては、以下の4つがあります。

(1)事業者等に対する研修

現場での介護サービス従事者、管理者及び経営者の為に、質の高い介護サービスの提供を目標として、研修会を企画する。

(2)介護従事者の育成

質の高い介護サービスの提供の為、介護の技術及び知識を備えた介護従事者を育成し、有能な人材を確保に努める。

(3)情報の提供・啓発

会員事業者との情報提供及び円滑なコミュニケーションの確立を目標に、会員誌を発行する。

(4)介護の実態調査や政策提言

事業者の経営状況に関する調査を行い、介護サービス市場の動きを分析する。

又、このデータを使い、国や行政へ政策提言を行い、意見交換会を開催する。

在宅介護の限界

平成24年度の調査によると、在宅での高齢者虐待は、介護施設内での高齢者虐待の約100倍という結果が出てしまいました。

在宅での介護は、介護者の肉体的・精神的負担が大きいため、限界を超えてこのような事が起こってしまうのだろうと考えられています。

日本在宅介護協会には、このような悲劇的な事件が一件でも減るような活動が求められそうです。

【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】開催

外国人スタッフ活用セミナー講演内容

世界で認められた高いホスピタリティ フィリピン人の介護スタッフ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

介護サービス利用者の公費のバランス

はじめに 介護サービスの利用者が利用料を支払うとき、利用料は、介護保険から、90%が給付されます。 利用者が実際に負担するのは、残りの10%です。 さらに、利用者によっては、自己負担の1...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

介護のトラブル事例 転倒編

訴訟の当事者にならないリスク管理を 介護需要の高まりとともに、介護現場に置ける事故や利用者家族とのトラブルも訴訟というかたちで目にするようになりました。 訴訟には、施設の不正請求などの公的なも...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

コンプライアンスの為の文書、書類、情報管理

記録の作成と保管 介護事業における記録とは、利用者へのサービス提供を始めとする日々の介護活動について、内容や経過に関する情報を確認できるような形で作成し、保持するためにおこないます。 この記録...

アイ・ピー・エスの外国人スタッフに関してのお問合せは、お電話もしくは下記の問合わせフォームよりお送りください。1~2営業日以内にご連絡いたします。

介護スタッフのお問合せはこちらから

ページ上部へ戻る