介護保険法について

介護保険の概要とは

老人保健法の財政の破綻、医療分野を切り離した老人保健法が破綻し、新たに高齢者福祉を扱うシステムが必要となり介護保険法が制定されました。

介護保険法は平成9年に制定され、満40歳以上で介護を必要とする人を対象に保険料を徴収し、公的な保険医療や福祉サービスを提供するための法律です。

加齢による心身の病気などで介護や支援が必要になった人が、その能力に応じて自立した日常生活を営むために保健医療サービス・福祉サービスを受けられるよう、国民の共同連帯による介護保険制度を設け、介護保険料の徴収、給付の条件や給付サービス等の詳細を定めています。

容認介護認定とは

介護保険は40歳以上の介護保険料を収めている介護や、支援が必要となる方が対象になります。

要介護認定はこれらを判定するために決められた基準となります。

この要介護認定は、まず住んでいる市区町村に申請を行う必要があります。

申請後はそれを元に身体・生活の状態を調査を行うため、

担当者が認定を受ける人の元まで訪問をします。

さらに認定を受ける人の主治医に、要介護認定に関係する意見書を作成してもらう事も同時期に行います。

そして、一次判定と二次判定により要介護度の分類認定が行われます。

原則として年齢が40歳以上である事、さらに家事や日常生活を一人で送る事が困難で、介護を必要とする方が受けることが可能です。

介護保険と高齢化社会

今後高齢化社会になる上で、介護保険の問題として介護保険を利用する人が増えるため、介護保険料の納付額も増加すると予想されます。

介護保険料の増加を抑える為、介護保険を利用してもらうことにより、一人でも介護を必要とせずに生活できる高齢者を増やそうとする予防介護サービス等の制度が追加されています。

介護保険法は改正により、時代に合った良い法律になっていくと思われますが、国民に関する法律なので関心を持ち、見守っていかなければいけません。

【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】開催

外国人スタッフ活用セミナー講演内容

世界で認められた高いホスピタリティ フィリピン人の介護スタッフ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

利益があげられる人材バランス

男性の平均年齢が80歳を超え超高齢化社会を迎える日本では、 介護サービスはこれから最も成長する、成長させざる負えない分野です。 しかし今現在、介護サービスを提供している事業者にとって利益が上が...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

介護のトラブル事例 転倒編

訴訟の当事者にならないリスク管理を 介護需要の高まりとともに、介護現場に置ける事故や利用者家族とのトラブルも訴訟というかたちで目にするようになりました。 訴訟には、施設の不正請求などの公的なも...

介護の現場の人材マネジメントと介護用語

末永いおつきあい ~スタッフの離職率を考える~

スタッフの勤続年数が長い施設の特徴   平成24年に公益財団法人介護労働安定センターが、介護労働の現状についての調査報告を発表しています。 この報告によると、離職者の74%が勤...

アイ・ピー・エスの外国人スタッフに関してのお問合せは、お電話もしくは下記の問合わせフォームよりお送りください。1~2営業日以内にご連絡いたします。

介護スタッフのお問合せはこちらから

ページ上部へ戻る