人手不足への対策は急務! 仕事の発想を切り替える方法

人手不足の現状

ひと昔前までは、就職したい人がなかなか職につけない状況が続いていましたが、時代の流れとともにその状況は変化し、業界によっては人手不足が深刻になっています。

人事担当者の方にとっては、まさに一難去ってまた一難。頭の痛いことでしょう。

ただ、過去をさかのぼって考えてみるとわかることですが、結局のところ、人材に関する問題は消えることはないのです。

一説によると、問題があることが普通だとの言葉まで聞かれます。

なぜ人手不足は起こるのか?

そもそも、なぜ人手不足は起こるのでしょうか。

もっとも端的な理由は「雇用のミスマッチ」です。

つまり、企業側が採用したい人材と、その企業で働きたいと考えているひととの溝が埋まらずに、いつまで経っても採用が決まらないのですね。

とくに正社員としての採用は長期的な人件費をともなうこともあって、消極的な企業がまだまだ多いのが現状です。

仕事の発想を切り替える方法

では、どうすれば人手不足を解消することができると思いますか。

たしかに、条件を良くすれば応募してくる人材の質を向上させることはできるかもしれませんが、大切なのは意識の変革です。

たとえば次のような方法があるでしょう。

1.人材がすべてだと知る

まず、忘れてはならないのが「人材の大切さ」です。

企業は、働く人がいなければ成り立ちません。

優秀か優秀でないか、あるいは求めている人材かそうでないかを吟味する前に、今いる社員に目を向けてみましょう。

そうすることで、採用する人員のハードルを下げられることもあるのです。

2.働きやすさを向上させる

また、採用する際の条件だけでなく、「職場の働きやすさ」について精査してみることも大切です。

いくら給料が多くても、働きがいのある仕事でも、職場環境が整備されていなければ長く務めることは難しいと判断されてしまうでしょう。

採用の立場だけでなく、現場感覚をもって判断することが求められます。

3.現実をみる

高望みするのは自由ですが、いくら良い人材を欲しても、相手の意向を無視することはできません。

会社の規模や社会への影響力、さらには企業文化などについては、一朝一夕で変えられないのです。

現実を直視しましょう。人材育成に力を入れることによって、採用条件を緩和することも可能なのですから。

選択肢を広げよう

選択肢を広げることによって、採用がスムーズに進み、人手不足の解消が促進されます。

有名大学出身の優秀な日本人というステレオタイプで評価するのではなく、幅広い知見を備えた人当たりの良い外国人スタッフという選択もあるのです。

視野を狭めないようにしましょう。

【在日外国人向けジョブフェア 求人面接会】開催

外国人スタッフ活用セミナー講演内容

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

グローバルな視点から考える人材マネジメント

これからの人材獲得 外国人雇用は助成金を活用しよう

難しくなる採用 これから先、将来にわたって日本における企業の採用は難航することが予想されます。そもそも、人口そのものが減少しているという実態が一番の問題でしょう。また、日本という国そのものが多額の借...

グローバルな視点から考える人材マネジメント

企業はスタッフが支えている!? マネジメントを見直・・・

企業の中心 どの企業においても、その中心となって会社を動かしているのは、そこで働いている「スタッフ」に他なりません。 役職や経歴、勤続年数に関わらず、すべての人が与えられた職務をまっとうするこ...

グローバルな視点から考える人材マネジメント

健全な会社経営のために! 人件費を適切に管理しよう

大きなウエイトを占める「人件費」 企業にとって、もっとも大きな支出は何でしょうか。 たしかに、設備投資や広告宣伝にもお金はかかります。 業務内容によっては、材料費や在庫管理費が大きなウエ...

アイ・ピー・エスの外国人スタッフに関してのお問合せは、お電話もしくは下記の問合わせフォームよりお送りください。1~2営業日以内にご連絡いたします。

介護スタッフのお問合せはこちらから

ページ上部へ戻る