アイ・ピー・エススタッフの業務のご紹介

12.04

こんにちは!アイ・ピー・エス 国際人材事業部の営業スタッフKです。
アイ・ピー・エスの外国人人材サイトへご訪問いただきありがとうございました。
今回は初めてのブログ記事と言う事で、私たちアイ・ピー・エス国際人材事業部の業務について説明したいと思います。少々お付き合い下さいませ。

アイ・ピー・エスは2006年から主にフィリピン人介護士を介護施設へご紹介してきました。開業当時はまだ『フィリピン人介護士』になじみがないため門前払いの施設様も多かったと先輩から聞かされています。今はおかげさまで施設様からお問合わせを数多く頂くようになりました。それまでには数々の苦労話もあったようですが、それは後日別記事でアップしますのでお楽しみに!

さて、国際人材事業部の業務に話は戻しますが、人材事業部は『営業』と『コーディネーター』の2チームに分かれています。営業は主に日本人が在籍しており、施設様からオーダーを受注し、コーディネーターへ発注します。また入所者の施設への付き添いや、入所希望者の面談なども行っています。施設様へのアプローチがメインですね。

一方コーディネーターは全員フィリピン人スタッフ。入所候補者を各地から探して施設様とのマッチングを助けてくれます。フィリピン人コミュニティに通じているので、とても頼りになるスタッフ達です。そうそう、忘れてはならないのが、フィリピンの姉妹会社『キースクエア』。コールセンター運営や営業を担当しています。ここからも在日フィリピン人へアプローチしてくれるので営業にとっては心強い味方です。

こうして、営業とコーディネーター、そしてフィリピン在住スタッフがチームを組んで施設様からのオーダーと入所候補者とのマッチングをスムーズに行えるよう、日々努力しています。

IPSスタッフ写真

※IPSの営業とコーディネーター(写真の社員以外にも大勢在籍しています)

外国人スタッフが実際に働いていることもあり、アイ・ピー・エスの社内はとてもインターナショナルな雰囲気です。でもフィリピン人スタッフはみな日本語が堪能なので、業務に支障が出ることはありません。私もこんなに多くの外国人スタッフと働くのは初めてでカルチャーショックを受ける時もありますが、実際に働いているからこそ、施設様に、外国人と働く時のアドバイスなども差し上げることができるのかな…と、この環境に感謝しています。

これからは外国人人材の紹介が多くなるのでは…なんて考えで飛び込んだアイ・ピー・エスですが、確かにニーズが増えている分だけ頂くオーダーも多く、業務はなかなかハードです。人材をなかなかご紹介できない時は凹んだりしますが、紹介したスタッフが活き活きと働いていたり、施設様から感謝の言葉を頂くと、この仕事をやっていて良かったな~と感じます!

今日は大まかに私たち国際人材事業部の仕事をご紹介しましたが、これからは日々の業務のご報告や、外国人人材紹介派遣ならではの苦労話や笑い話、外国人人材を雇う時のアドバイスなどを書いていきたいと思っています。もしよろしかったらまたご訪問くださいね。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

フィリピンについて

ページ上部へ戻る