フィリピン人介護士の入所が決まりました!

12.25

こんにちは!アイ・ピー・エス 国際人材事業部の営業スタッフKです。
アイ・ピー・エスの外国人人材サイトへご訪問いただきありがとうございました。

今日は先日めでたく入所が決まった施設様とフィリピン人介護士について書かせていただきますね。

今回フィリピン人介護士をご紹介したのは、埼玉県にある施設様です。最初に私からお電話させていただいたのですが、『IPSには以前グループ関連施設へ在日フィリピン人のスタッフを紹介してもらったことがあり、長く勤めてくれたようだったので印象が良かった』とおっしゃって頂けました。ありがとうございます!

今回ご紹介させて頂いたのは、IPSが誇る在フィリピンのコーディネーター軍団が探してくれた在日フィリピン人女性Rさんです。Rさんのお友達もIPSからのご紹介で介護の仕事をされているようで、IPSを信頼してお仕事紹介を任せていただきました。

実はこちらの施設様はフィリピン人介護士を今回初めて雇われます。不安もたくさんおありだったと思います。でも『面接までは不安がありましたが、お会いして在日フィリピン人の方の特徴が、良い意味で一目で理解できました。とにかく底抜けに明るい方で、職場の雰囲気も明るくしてくれそうだと感じました。無資格・未経験ですが、この人なら大丈夫、そう感じさせる方でした。』というお言葉をいただきました。

実際、私が同行したRさんの面接の後、入社後の教育係をしていただく職員様にご案内していただき、ぐるっと施設内を見学していただいたのですが、もうその間から親友みたいに仲良くなられて、二人で声を立てて笑いながら賑やかな見学ツアーになっていました。入居者様とも短い時間の中で積極的に話しかけて、自然と周りに人が集まってくるような空気をつくっていましたので、安心すると共に、この方をこの施設様に紹介して良かった、きっと良い介護士になっていただけるなと確信しました。

IPSスタッフ写真

※IPSコーディネーターと求職者の面談風景(面談者と内容は関係ありません)

ここまで話すと、すんなり紹介までこぎつけたようですが、実はそうではないのです。。。(泣)
実際にご面接いただき、ご紹介したのは、最初のひとりですが、実はエントリーをしようと考えた方は5人位いました。ご施設に紹介する前にあらかじめIPS単独で事前面接をするのですが、その約束の日に来社していただけなかったり、施設様のニーズに合わなかったり、ご本人が介護職で生きていく!という覚悟ができていなかったり…等、ご紹介に至らないことも多々あります。
この苦労を乗り越えて、ご紹介が決まった時の喜びはひとしお。こみ上げてくるものがあります。

ただ、ご紹介が決まったからといっても営業の仕事は終わりません。
初めてフィリピン人介護士を雇われる施設様ですから、フォローアップはしっかりとしなくては。
25日なのに、まだまだ私の仕事は終わりそうにないですね!(笑)

それでは皆様良いお年をお迎え下さい。
2016年もIPSを宜しくお願い申し上げます。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

フィリピンについて

ページ上部へ戻る