寒中お見舞い申し上げます。

01.25

寒中お見舞い申し上げます。
すっかり新年のご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません(汗)。
今年もアイ・ピー・エスを宜しくお願いいたします。

年が明けてから、お客様からの人材問合わせがさらに増えています。
フィリピン人介護士を数多くご紹介しているアイ・ピー・エスですから、介護事業者様からのお問合わせが一番多いのですが、他の事業者様からのお問合わせも増えてきました。また驚くことに地方の事業者様からもお問合わせを頂くことがあります。そんな時にみなさまにおすすめしているのがアイ・ピー・エスで自社発行している『Pinoy Gazette(ピノイガゼット)』新聞の広告出稿です。

『Pinoy Gazette(ピノイガゼット)』新聞は1996年創刊。月間35,000部の発行部数を誇る、タガログ語新聞です。実はフィリピン人向けの新聞では最大発行部数なんです。ピノイガゼット新聞はフィリピン人向けの食材店や教会、外国銀行、大使館、領事館など、北海道から沖縄まで、全国で配布していて、フィリピンや日本のニュースを母国語で読める新聞として有名です。日本に住むフィリピン人の方なら知らない人はいないかもしれません。求人情報も豊富に掲載されているので、求人誌としてチェックしているフィリピン人も多いとのことです。

事業者様の場所や職種などによっては、直接の人材紹介・派遣より、ピノイガゼット掲載の方が合っていらっしゃる企業様も。自分の会社はどちらが合っているだろう?など、ご不安な方は、まずは国際人材事業部スタッフにお問合わせください。ご相談だけでも大歓迎ですのでお気軽にお問合わせください!

ピノイガゼット12月号

写真は12月号のピノイガゼットです。表紙は、もしかしてご存知かもしれませんが2015年ミス・ユニバースの優勝者ピア・アロンゾ・ウォルツバックさんです。フィリピンの方だったので、このニュース、とても嬉しかったです。(発表時に司会者が間違えてライバルのミス・コロンビアの名前を優勝者として言ってしまうハプニングがありましたが…かわいそうでした。。。)
このように旬な記事を掲載しているピノイガゼット、もし見かけたらお手にとってご覧くださいね。無料です♪

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

フィリピンについて

ページ上部へ戻る